発達障害を持つ子供が受ける児童発達支援とABA

投稿者:

発達障害を持つ子供の支援に携わっていました。発達障害を持っている子供は、様々な支援を受けています。

支援のひとつが児童発達支援で、障害の有無や度合いに関係なく保護者が申請すれば利用できます。利用したい場合は、住んでいる市町村で受給者証の発給を受けます。

施設は見学もでき、子供と一緒に見学してから検討できます。利用希望者には相談支援事業所からの訪問があり、必要な聞き取りが行われた後にサービスを利用する契約を結びます。

利用契約を結ぶと訓練が始まりますが、訓練の基本はABAです。ABAは応用行動分析の手法で、子供を叱らずに褒めて育てるのが基本になります。

訓練の場には保護者も同席して、応用行動分析の手法を学びます。希望に応じて自宅でも訓練できるように、丁寧にサポートしてくれます。

学生時代から児童発達支援に興味があり、会社員を続けながら様々な活動に携わりました。ABAの内容に共感して、現在でも普及のために努力を続けています。

応用行動分析は実践と理論の体系で、誕生したのは1930年代です。医療や教育、経営など幅広い分野で注目を集めています。ABAでは、まず子供が行動を引き起こす原因を見つけます。

原因が見つかったら、ABC分析を活用して適切に対応します。ABAは子供が望ましい行動をしたら褒めて強化し、問題を起こしても叱らずに消去する姿勢を取ります。

問題行動が起こらないように、時間的な環境や物理的な環境を調整します。支援により子供が元気を取り戻すと、嬉しい気持ちになります。
三郷市の児童発達支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。